一般社団法人ボランティアステーションin気仙沼 ☎ 0226-23-08999:00〜17:00(火曜定休)

『ボラステ通信45号』を発行いたしましたっ!(‘ω’)ノ

 

『ボラステ通信45号』を発行いたしましたっ!(‘ω’)ノ
『ボラステ通信45号』を発行いたしましたっ!(‘ω’)ノ
『ボラステ通信45号』を発行いたしましたっ!(‘ω’)ノ
『ボラステ通信45号』を発行いたしましたっ!(‘ω’)ノ

ボラステ通信45号を9月24日(水)に、当団体理事の藤田新聞店様の
「ふれあい交差点災害特別号360号」と併せて発行させて頂きました。

今回は、来年の1月から「南郷地区」の災害公営住宅入居が始まるのに辺り
災害公営住宅の勉強会のご案内をさせて頂きました。

災害公営住宅の家賃計算は、その世帯の収入から算出する
「政令月収」という数値を基準にして決定します。
その「政令月収」は家族の人数や状況によって様々な控除等があり
単純な世帯の収入から、若干複雑な計算を行います。

その計算を実際に行い、今後災害公営住宅等に住まわれる場合に
かかる経費等の設計や、そもそも災害公営住宅とは何なのかから始まり
普段疑問に思っている事等にお答えする形式で行っています。

災害公営住宅等に関して、申請方法でも、住まいに関してでも
疑問に思っている事等ございましたら、是非当団体にご連絡ください。

※当団体のボラステ通信発行事業は当団体理事の
「藤田新聞店」様と企画編集(株)ワンステップ様の協力
を受けて実施しています。