畠山輔 のすべての投稿

【市営幸町住宅】ミニコミ誌『ペンのとびら第50号』を発行致しました♪

毎月20日に「市営幸町住宅」の方向けに発行させて頂いている
『ペンのとびら』の第50号を10月20日に発行させて頂きました。
今回も沢山の投稿を頂きました!皆様本当にありがとうございました!

※「ペンのとびら」は宮城県の「みやぎ地域復興支援助成金」の助成を受けて発行しています

【市営鹿折南住宅】ミニコミ誌『ペンのとびら第42号 』を発行致しました♪

毎月の月末に「市営鹿折南住宅」の方向けに発行させて頂いている
『ペンのとびら』の第42号を9月30日に発行させて頂きました。

今回も沢山の投稿を頂きました!
皆様本当にありがとうございました!
次回は2020年10月20日締切、月末に発行の予定です!
皆様よろしくお願い致します!!

※「ペンのとびら」は宮城県の「みやぎ地域復興支援助成金」の助成を受けて発行しています。

アステラス製薬株式会社様よりマーリーゴールドを寄贈頂きました!@けせんぬまおひさま保育園

2017年の4月から当団体で様々なご支援・ご協力を
頂いている『アステラス製薬株式会社』様よりマリーゴールドを寄贈頂きました。

今回は「けせんぬま おひさま保育園」にお届け!
早速、園児の皆さんと花壇に植えさせて頂きました♪

マリーゴールドを寄贈して下さった『アステラス製薬株式会社』の皆様。
また受けて下さった「けせんぬま おひさま保育園」の皆様。
本当にありがとうございました!

【市営幸町住宅】ミニコミ誌『ペンのとびら第49号』を発行致しました♪

毎月20日に「市営幸町住宅」の方向けに発行させて頂いている
『ペンのとびら』の第49号を9月20日に発行させて頂きました。
今回も沢山の投稿を頂きました!皆様本当にありがとうございました!

※「ペンのとびら」は宮城県の「みやぎ地域復興支援助成金」の助成を受けて発行しています

8月の活動報告

 

8月の活動報告をさせて頂きます。
8月は、災害公営住宅、防災集団移転団地、既存自治会
にて『コミュニケーション麻雀』のべ12回行わせて頂き
男性12名、女性81名の方が参加して下さいました!

防災教育では、「震災伝承館」での活動を中心に7回の
防災語り部を行わせて頂きました。参加して下さった皆様。
またご支援してくださった皆様。本当にありがとうございました!

※コミュニケーション麻雀はNPO法人 AAR Jpan 様のご支援と
コミュニケーション麻雀協会様、ひょうごボランタリープラザ様の
協力で当団体に無償で寄贈していただいたものです。

 

【市営鹿折南住宅】ミニコミ誌『ペンのとびら第41号 』を発行致しました♪

毎月の月末に「市営鹿折南住宅」の方向けに発行させて頂いている
『ペンのとびら』の第41号を8月31日に発行させて頂きました。

今回も沢山の投稿を頂きました!
皆様本当にありがとうございました!
次回は2020年8月20日締切、月末に発行の予定です!
皆様よろしくお願い致します!!

※「ペンのとびら」は宮城県の「みやぎ地域復興支援助成金」の助成を受けて発行しています。

【市営幸町住宅】ミニコミ誌『ペンのとびら第48号』を発行致しました♪

毎月20日に「市営幸町住宅」の方向けに発行させて頂いている
『ペンのとびら』の第48号を8月20日に発行させて頂きました。
今回も沢山の投稿を頂きました!皆様本当にありがとうございました!

※「ペンのとびら」は宮城県の「みやぎ地域復興支援助成金」の助成を受けて発行しています

【市営鹿折南住宅】ミニコミ誌『ペンのとびら第40号 』を発行致しました♪

毎月の月末に「市営鹿折南住宅」の方向けに発行させて頂いている
『ペンのとびら』の第40号を7月31日に発行させて頂きました。

今回も沢山の投稿を頂きました!
皆様本当にありがとうございました!
次回は2020年8月20日締切、月末に発行の予定です!
皆様よろしくお願い致します!!

※「ペンのとびら」は宮城県の「みやぎ地域復興支援助成金」の助成を受けて発行しています。

【市営幸町住宅】ミニコミ誌『ペンのとびら第47号』を発行致しました♪

毎月20日に「市営幸町住宅」の方向けに発行させて頂いている
『ペンのとびら』の第47号を7月20日に発行させて頂きました。
今回も沢山の投稿を頂きました!皆様本当にありがとうございました!

※「ペンのとびら」は宮城県の「みやぎ地域復興支援助成金」の助成を受けて発行しています

アステラス製薬株式会社様より寄贈頂いたガザニアが見頃です!@市営幸町住宅

『アステラス製薬株式会社』様から4月に頂いた「ガザニア」が
「市営幸町住宅」の花壇で見頃を迎えています!

『アステラス製薬株式会社』様は2017年の4月から様々な支援をして頂いております。
このコロナ禍で中々外に出られる状況ではないですが、住民さんからは大変喜ばれておりました!