一般社団法人ボランティアステーションin気仙沼 ☎ 0226-23-08999:00〜17:00(火曜定休)

2019年度の活動報告

2019年度の活動報告をさせて頂きます。
2019年度は、5か所の市営住宅、4か所の公民館、6か所の既存自治会
1か所の地元コミュニティサロンにて『コミュニケーション麻雀』を行わせて頂きました。回数が180回。男性263名。女性1482名。合計1745名の方が参加してくださいました。

『防災教育・語り部』では、「気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館」での語り部
を中心に95回、男性1039名。女性712名。合計1751名の方に行わせて頂きました。

『見守り交流・菜園プロジェクト』では、「アステラス製薬株式会社」様から
寄贈していただいた花卉を「市営幸町住宅」「市営牧沢住宅」にて住民さんと
一緒に花植えを行わせて頂きました。
また個別訪問では「市営鹿折南住宅」「市営南郷住宅」「市営幸町住宅」
「市営内ノ脇」住宅を中心に訪問活動や傾聴活動をさせて頂きました。

『イベント・ボランティア受入』では2018年から来ていただいている
新潟県のプロ演歌歌手「羽鳥新之介」さんの歌謡ショーや
埼玉県杉戸町や幸手市で「笑って地域のつながりづくり」を、
寄席を通じて毎月行っている『還暦手生一本』さんによる「パチパチ寄席」
震災後から支援して頂いている『ツタエテガミプロジェクト』様と
『NPO法人よろず相談室』様からお預かりしている「ツタエテガミ」の配布や
岩手県一関市で活動されている「聞音会」様のコンサート。
古川高校や、兵庫県自治研修所様のボランティア活動サポート等を行わせて頂きました。

『まちづくり事業』では「南気仙沼復興の会」様の「七夕祭り」のお手伝いや
「鹿折まちづくり協議会」様の「復興盆踊り」のお手伝いを行わせて頂きました。

また『ミニコミ誌の発行』では「市営幸町住宅」「市営鹿折南住宅」にて
12回づつ合計6720部発行させて頂きました。

2019年度は年度末の新型コロナウイルスの影響で活動を自粛した部分も
ありますが、活動資金の影響から事業規模を縮小しながらも
2018年度と変わらぬ活動回数を行うことができました。
これも一重に活動を支えてくださっている皆様のおかげです。
本当にありがとうございました!まだまだ新型コロナウイルスの影響が
心配ではありますが、2020年度もどうぞよろしくお願いいたします。