一般社団法人ボランティアステーションin気仙沼 ☎ 0226-23-08999:00〜17:00(火曜定休)

神戸視察勉強会③

神戸視察勉強会③
神戸視察勉強会③
神戸視察勉強会③
神戸視察勉強会③
神戸視察勉強会③
神戸視察勉強会③
神戸視察勉強会③
神戸視察勉強会③

4月19日(土)から4月24日(木)まで兵庫県の神戸市の方に
特定非営利活動法人SEEDS Asiaさんのご招待で災害公営住宅や
神戸市のNPO団体等の意見交換や情報共有。今後の当団体の
活動指針の参考にして頂く為の視察として伺わせて頂きました。

4月22日(火)午後は神戸市中央区にある『人と防災未来センター』に
防災・減災について勉強するために視察させて頂きました。

阪神・淡路大震災からの教訓とその後の被災地のまちづくりなど
とても勉強になりました。
その中で、一人の語り部の方の
「神戸の復興は急ぎすぎた。綺麗に復興しているようで未だに問題は
沢山ある。東北の方に言うのはシンドイが、きちんと話し合って皆が
納得する復興にしてほしい。神戸の悪い部分も知ってほしい」
というセリフがとても印象的でした。

阪神・淡路大震災から20年。街は綺麗に復興しても様々な問題が
未だにあるという現実。急ぐ部分は急ぐ。本当に重要な部分は
皆が納得するまで話し合う。それが大事なんだと思いました。
特に、この語り部の方は、住む場所は綺麗に復興しても
結局震災前に行っていた商売は未だに再開できてないというお話も
されていました。

復興等の事例は成功した部分や美談に脚光があたりがちです。
このように20年経っても悩んでいる方がいるという現実を知る事。
また、それができるだけ起きないよう、地元気仙沼における
まちづくり、防災や減災を考えなければと思っています。

大きな話になってしまいました。ボラステで出来る事等些細な事かも
しれません。しかし、地元団体として何か出来るのであれば全力で
これからも活動を行って行こうと思っていますので宜しくお願い致します。

次回は当団体の今年度以降の事業についての意見交換について
特定非営利活動法人SEEDS AsiaさんとのMTGの様子等を
ご紹介させて頂きたいと思っています。