一般社団法人ボランティアステーションin気仙沼 ☎ 0226-23-08999:00〜17:00(火曜定休)

第10回 現地会議 in 宮城 -恒久住宅移行期におけるコミュニティ支援を考える- に地元団体として参加致しました。

第10回 現地会議 in 宮城 -恒久住宅移行期におけるコミュニティ支援を考える- に地元団体として参加致しました。
第10回 現地会議 in 宮城 -恒久住宅移行期におけるコミュニティ支援を考える- に地元団体として参加致しました。
第10回 現地会議 in 宮城 -恒久住宅移行期におけるコミュニティ支援を考える- に地元団体として参加致しました。
第10回 現地会議 in 宮城 -恒久住宅移行期におけるコミュニティ支援を考える- に地元団体として参加致しました。

日時:2014年10月29日(水)13:00〜17:00
場所:気仙沼市役所 ワン・テン庁舎 大ホール

東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)様主催の
「第10回現地会議in宮城」に気仙沼の地元団体として参加させて頂きました。

今回の現地会議では
1.残される住民のコミュニティ形成の支援
(仮設住宅・被災地域の再建)
2.移転する住民と受け入れ住民とのコミュニティ形成の支援
(災害公営住宅・誘導型防災集団移転)
3.あらたなコミュニティ形成の支援
(みなし仮設・在宅・自立再建・協議会型防災集団移転)

上記のグループワークと、上記で話し合ったことを元に宮城県の県北地域で
活動している団体の課題や悩みを、県外被災地域で活動された団体の方と
地元団体の方がパネリストとしてパネルディスカッションが行われました。

当団体も、今現在行っている「仮設住宅代表者交流会」と「気仙沼中央自治連」さん
との連携から、災害公営住宅や防災集団移転に関して、移住する側と受け入れる側の
コミュニティーの必要性と、現状の意識やフォロー体制を中心にグループワークを
させて頂きました。

また、最後の挨拶として、地元団体を代表して当団体の代表理事菊田の方から
御挨拶をさせて頂きました。

東日本大震災におけるコミュニティー支援に関してのネットワーク会議が
気仙沼で行われる事はとても珍しく、様々な団体や復興地でのお話等
とても勉強になりました。
この現地会議で学んだ事を今後の活動に活かしていきたいと思っています。